婚活アプリ・サイトの口コミ評判から比較したお勧めランキング!

 婚活中の方がどんな条件を相手に求めるかは、男性と女性では全く異なります。

男性が女性に対して考えていること

 男性は表面上、「やっぱり性格や内面が一番」などと口ではいいますが、実際は「外見のいい人、顔やスタイルの良い人」を求めている場合も多いようです。

一般的には、女性と実際に付き合った経験が少ない男性ほど、顔やスタイルなどの外見にこだわる人が多いのだそうです。

つまり、女性に対する憧れが非常に強いということです。

ですが、どれだけ外見が美しい女性でも、一緒に生活すれば美しいとは思えない面が見えたりするものです。

美しい肌を保つために顔面パックしたり、美しいスタイルを保つために髪を振り乱してエクササイズをしたり、トイレに行けば物音もしますし、一緒に寝ればいびきをかいたり、寝言を言ったりもします。

女性と暮らしたことがない男性は、そんなこともあるということを頭では理解していても実感できないことが多いです。

女性が男性に対して考えていること

 一方、女性の場合、「結婚できるならイケメンに越したことはないけど、顔だけでお金儲けはできないしね!」 と思っている人や「仕事は絶対辞めたくないので、結婚しても続けて働く。」とまで決意している人、「旦那の収入が多いなら専業主婦になろう。」と思っている人など、女性は、相手の状況次第で、柔軟に自分の考えを変えることができる人も多いものです。

 ではそんな柔軟な女性が、なぜ結婚しないのか?

女性に結婚の決意を迷わせているとても大きい理由としては、結婚後の生活の不安というものがあり、「収入」を重視する人も結構多いのが実情です。

これだけ聞くと「結婚はお金目当てか?」などと勘繰る人もいますが、実際これは何を意味しているのでしょうか。

なぜ女性は収入に拘るのでしょうか。

婚活している男性の中には、「家に帰ったら温かいお風呂や温かい食事を出して欲しい」、「妻には家事をきちんとやってほしい」と思っている方も結構います。

 一方、最近の日本は非正規社員が増加し経済格差も激しく、経済的に厳しいので妻になる女性にも働いて欲しいと思っている男性も多くいるわけで、妻にも働いてもらわないと生活や子どもの養育費がまかなえないと思っているわけです。

 このような男性側の矛盾する考えを女性は敏感に感じるのです。

女性は相手の考えていることを感じるのに長けているので、男性側の「最近経済的に厳しく収入も少ないので、君も働いて家計を助けて欲しい。」「でもって、家事や子育ても女性だからできるだけ頑張ってほしい。」というような男性の本音が見えてしまうのです。

働いてきた女性は働く厳しさをよく知っているので、婚活をしている女性が相手に求める条件で「年収」の優先順位が高くなるのもうなずけます。

逆に男性が女性に高収入を求めるケースは稀でほとんどありません。

このような経済的社会環境の変化が原因で晩婚化が進み、少子高齢化に拍車をかけている要因にも繋がっているように思います。


ページトップへ戻る